乗馬用品の選び方

乗馬を安全に楽しく行うためには、自分に適した安全な用具を選べているのかがとても重要です。
ここでは、乗馬用品の正しい選び方を紹介して行きます。

①足元はロングブーツがおすすめです
馬を進める時にキックしたりなど、直接的なコミュニケーションをとることになり足元ですが、ショートブーツかロングブーツか選ぶことができます。
ロングブーツは動きにくいかもしれないという心配がある方もいるかもしれませんが、乗馬は危険と隣り合わせのもの。
転落した際に足をしっかりと守ってくれるのはロングブーツです。

②キュロットはいろんな種類を試着してみましょう
素材は主に共布、膝革、尻革タイプの3種類に分かれます。
一つ目の共布タイプは、キュロットの生地を、膝の内側に二枚重ねに当てたものです。
二つ目の膝革タイプは膝の内側部分に革を当てたものです。
三つ目尻革タイプは革がヒップから膝の内側に当ててあり、一番広範囲に皮が付いているため安定しやすく、初心者にはおすすめと言われています。
しかし普段着のボトムと差がある分違和感を感じざるを得ないことになりますので、どれが自分の好きなタイプか、量を試着して選ぶのがベストとなります。

③ヘルメットはプラスチックのものがおすすめです
技術の進歩で非常に軽く、肩こりや頭痛などになりやすい方は特にこちらをお勧めします。
布タイプのものよりも通気性に優れていて、湿気が多くムレやすい高原などでも快適に乗馬体験することができます。

④始めは短鞭からスタートしましょう
鞭は遠心力が働くようなつくりをしていますので、長いものは力強く叩きやすい反面、慣れていないと鞭に乗車する人が振り回されるという事態になりやすいです。
持ち手のフィット感も大切ですので、いろんなグリップを握って試して見たほうが良いでしょう。

乗馬用品を買うというのはあまり安い買い物とは言えませんよね。
お店に行って選ぶのなら様々試せるのにくわえて店員さんの意見も聞けますが、インターネットでの購入を考えている方も、一発で買ってそれを使うと決めつけるのではなく、返品することを覚悟で色々取り寄せて見ましょう。